今入会するのがお得!1ヶ月分の月会費が無料になるプレミアムキャンペーン実施中!
ShowTimeサイト内 作品 Google検索

プライベート・プラクティス:LA診療所 シーズン5 第6話 自虐の歌

プライベート・プラクティス:LA診療所 シーズン5 第6話 自虐の歌

あらすじ

ミシェルが自殺し、自暴自棄に陥るアメリアは、ライアンというクスリの常習者と親しくなり、お酒だけでなく再びクスリにも手を染めていく。そんな彼女を心配するシャーロットは、自身も薬物中毒だった過去を思い出し、アメリアを更生させようと手を差し伸べる。一方不妊治療を開始したアディソンは、感情の高ぶりの激しさに悩まされながらも、精子ドナーの選定へと進む。彼女の主治医となったジェイクは、アディソンが抱える期待と不安を悟り、恋人でも子作りには協力しないサムに「君たちは中途半端だ」と告げる。

ストーリー

産婦人科医のジェイクがクリニックに仲間入りし、アディソンは単独で彼の不妊治療を受け始める。。子供はいらないという考えを変えないサムに未練を抱きながら、次第にジェイクとの距離を縮めていくアディソン。心臓発作で倒れたピートは無事に復帰するものの、闘病がトラウマとなり、ヴァイオレットとの間に生じた夫婦間の溝も一層深まる。クーパーの前には突然8歳の息子が現れ、飲酒がやめられないアメリアは次第にクスリにも手を染め始める―。シリーズ完結に向けて葛藤を増す悩み多き医師達を描いた、オトナの「グレイズ・アナトミー」。

2011年/アメリカ/45分
製作総指揮:ションダ・ライムズ、マーク・ゴードン、ベッツィ・ビアーズ
キャスト:ケイト・ウォルシュ、オードラ・マクドナルド、ティム・デイリー、テイ・ディグス、エイミー・ブレネマン、ポール・アデルスタイン、ケイディー・ストリックランド、クリス・ローウェル

» ご希望の作品が見つからない場合