今入会するのがお得!1ヶ月分の月会費が無料になるプレミアムキャンペーン実施中!
ShowTimeサイト内 作品 Google検索

プライベート・プラクティス:LA診療所 シーズン5 第20話 子供の事情

プライベート・プラクティス:LA診療所 シーズン5 第20話 子供の事情

ストーリー

職場復帰初日を迎えたアディソンは、子守をサムに頼んでERの呼び出しへ駆けつける。運ばれてきた妊娠35週のレイナは、陣痛を早めるとされる民間の薬物を摂取していた。移民局の退去命令を無視したため、祖国エルサルバドルへ送還されることになっているレイナは、子供の将来を考えアメリカでの出産を希望。意図的に早産させるのは間違っていると主張するアディソンは、母親の希望を叶えるべきだと考えるピートとジェイクと対立する。またクーパーは、10歳の患者メロディから性同一性障害だと打ち明けられる。

解説

産婦人科医のジェイクがクリニックに仲間入りし、アディソンは単独で彼の不妊治療を受け始める。。子供はいらないという考えを変えないサムに未練を抱きながら、次第にジェイクとの距離を縮めていくアディソン。心臓発作で倒れたピートは無事に復帰するものの、闘病がトラウマとなり、ヴァイオレットとの間に生じた夫婦間の溝も一層深まる。クーパーの前には突然8歳の息子が現れ、飲酒がやめられないアメリアは次第にクスリにも手を染め始める―。シリーズ完結に向けて葛藤を増す悩み多き医師達を描いた、オトナの「グレイズ・アナトミー」。

2011年/アメリカ/45分
製作総指揮:ションダ・ライムズ、マーク・ゴードン、ベッツィ・ビアーズ
出演:ケイト・ウォルシュ、オードラ・マクドナルド、ティム・デイリー、テイ・ディグス、エイミー・ブレネマン、ポール・アデルスタイン、ケイディー・ストリックランド、クリス・ローウェル

» ご希望の作品が見つからない場合