今入会するのがお得!1ヶ月分の月会費が無料になるプレミアムキャンペーン実施中!
ShowTimeサイト内 作品 Google検索

ナイト・スワローズ 空爆戦線:ユニット46 第5話

ナイト・スワローズ 空爆戦線:ユニット46 第5話

あらすじ

スパイのKGB職員を救った褒美として、その夜基地では娯楽としての映画上映会が始まっていた。そこへクラキン少佐が現れ、新たな任務を告げられる。スパイからある村でナチスが毒ガス実験をしているという情報が入ったのだ。その研究をやめさせるため、研究室のあるナチスの基地の破壊を命じられるソ連軍。マケエフ隊長率いる一団には記録兵として参加しているイラクラは、以前一目ぼれしたガリーナとの再会を喜んでいた。任務中、ガリーナに戦争が終わった後の証拠として、人を助けるのではなく死ぬところを記録に残す仕事を恥じていると言うイラクラは、「それがあなたの仕事。なんの恥でもない」というガリーナに思いを募らせていくのだった。

ストーリー

第二次大戦下のロシア戦線。夜の暗黒を利用して飛来する一群の爆撃機があった。それはソ連軍において女性のみで構成された飛行部隊、通称「ナイトウィッチ(夜の魔女)」だった。彼女たちの任務はドイツ軍に捕らわれているソ連軍の将校が拘束されている基地を爆破することだった。作戦は成功したものの、2名のパイロットが戦死する。部隊を率いるゼンニャ中尉は部下を失ったとともに、有能なパイロットで親友でもあるガーリャが、私怨から単独でドイツ軍を攻撃、上層部の怒りを買い、懲罰の対象になったのだ。悲しみに暮れる暇もなくゼンニャに、新たな命令がくだる。最前線で展開するソ連軍小隊とともにドイツ軍の輸送基地を破壊することだった。任務の特性上、ゼンニャのみでの単独飛行であった。高度な飛行テクニックと小隊の援護でドイツ軍基地を撃破し、無事帰還を果たしたゼンニャ。彼女はこの成功を、親友ガーリャの懲罰を取り消す機会に利用しようと考えるが…。

2012年/ロシア/45分/日本語字幕版
監督:ミハイル・カバノフ
キャスト:タチアナ・アーントゴルツ、エリザヴェータ・ニローヴァ、デニ・ニキフォロフ

» ご希望の作品が見つからない場合