今入会するのがお得!1ヶ月分の月会費が無料になるプレミアムキャンペーン実施中!
ShowTimeサイト内 作品 Google検索

ナイト・スワローズ 空爆戦線:ユニット46 第8話

ナイト・スワローズ 空爆戦線:ユニット46 第8話

あらすじ

ナチスの科学兵が独ソ戦線にやってくる。ナチスにとってはこの戦いの最後の希望だ。科学兵が開発した暗視装置を使えば、スワローズたちの動きが止められる。それをスパイから知ったソ連軍は、暗視装置を奪う計画を練る。だが、暗視装置は以前ソ連軍との戦いで墜落させられたナチスの飛行機にあった。どこに墜落したかわからないナチスはソ連にその墜落現場を探させようと、その情報をソ連に流す。きな臭さを感じながらも作戦に乗るスワローズたちだったが、やはり罠だった!地上部隊もナチスの一行に追いつくが・・・。果たして!

ストーリー

第二次大戦下のロシア戦線。夜の暗黒を利用して飛来する一群の爆撃機があった。それはソ連軍において女性のみで構成された飛行部隊、通称「ナイトウィッチ(夜の魔女)」だった。彼女たちの任務はドイツ軍に捕らわれているソ連軍の将校が拘束されている基地を爆破することだった。作戦は成功したものの、2名のパイロットが戦死する。部隊を率いるゼンニャ中尉は部下を失ったとともに、有能なパイロットで親友でもあるガーリャが、私怨から単独でドイツ軍を攻撃、上層部の怒りを買い、懲罰の対象になったのだ。悲しみに暮れる暇もなくゼンニャに、新たな命令がくだる。最前線で展開するソ連軍小隊とともにドイツ軍の輸送基地を破壊することだった。任務の特性上、ゼンニャのみでの単独飛行であった。高度な飛行テクニックと小隊の援護でドイツ軍基地を撃破し、無事帰還を果たしたゼンニャ。彼女はこの成功を、親友ガーリャの懲罰を取り消す機会に利用しようと考えるが…。

2012年/ロシア/45分/日本語字幕版
監督:ミハイル・カバノフ
キャスト:タチアナ・アーントゴルツ、エリザヴェータ・ニローヴァ、デニ・ニキフォロフ

» ご希望の作品が見つからない場合