今入会するのがお得!1ヶ月分の月会費が無料になるプレミアムキャンペーン実施中!
ShowTimeサイト内 作品 Google検索

デスパレートな妻たち シーズン7 第11話 謎の狙撃者

ストーリー

フェアヴュー市長を迎えたポールの表彰式は、アジサイ通りの持ち家組合が仕掛けたデモ隊により大暴動に発展。その騒動に巻き込まれて負傷したスーザンは、病院で破裂した腎臓を摘出するが、その際に新たな問題が発覚する。更に暴動の夜、ポールが何者かに狙撃され、警察はウィステリア通りの住民の捜査を開始。ベスが母フェリシアの仕業だと確信する中、ポールは警察から思わぬ事実を聞く。一方キースと同棲をはじめたブリーの家には、ジュディに追い出されたオーソンが現れ、ガブリエルとカルロスは、ホワニータにセラピーを受けさせる。

解説

今シーズンから新たにウィステリア通りに加わる“崖っぷち妻”レネを演じるのは、あのヴァネッサ・ウィリアムス。大リーガーのセレブ妻レネは、夫の浮気を理由にNYを離れ、旧友リネットのもとへ。そのリネットは5人の子育てに奮闘中で、次第にトムとすれ違うように。若いイケメンの恋人を得たものの、長い間隠し続けてきた一家の秘密を明かす時を迎えるブリー。ガブリエルには、出産時の娘の取り違え事件を発端に、封印してきた少女時代のトラウマが甦る。スーザンには、ある事故をきっかけに、腎臓移植を必要とする病気が発覚。そのスーザンが手放したウィステリア通りの家に引っ越して来たのは、あのポール・ヤングと謎の若妻ベス。彼らは一体何を企んでいるのか―?

2010年/アメリカ/45分/日本語字幕版
製作総指揮:マーク・チェリー
出演:テリー・ハッチャー、マーシア・クロス、エヴァ・ロンゴリア、フェリシティ・ハフマン、ヴァネッサ・ウィリアムズ、ブレンダ・ストロング

» ご希望の作品が見つからない場合