今入会するのがお得!1ヶ月分の月会費が無料になるプレミアムキャンペーン実施中!
ShowTimeサイト内 作品 Google検索

賢后 衛子夫(日本語吹き替え版) 第3話 後宮入り

賢后 衛子夫(日本語吹き替え版) 第3話 後宮入り

あらすじ

武帝・劉徹(りゅうてつ)の寵愛を受けた衛子夫(えいしふ)は翌朝、武帝の護衛として平陽府に来ていた幼なじみの段宏(だんこう)と再会する。そして、武帝に望まれて後宮に入ることになった衛子夫は、段宏の護衛の下、衛青、親友の沈葭(しんか)とともに宮廷に上がったのだった。だが、衛子夫は後宮に到着するやいなや、陳皇后(ちんこうごう)に敵意をむきだしにされ、卑しい女とののしられ…。

ストーリー

幼い頃、一命を取りとめた衛子夫。幼馴染の段宏とはその頃、離れ離れになってしまった。大人になり、弟の衛青と共に皇帝の姉の屋敷に使えている衛子夫。ある日、宴会の席で、皇帝は歌い舞う、衛子夫の姿に目を奪われ、ひと目惚れしてしまう。世継ぎが生まれない皇帝は姉の勧めもあり、衛子夫と弟の衛青を自らの住まいに招き入れる。そして、衛子夫は今でも彼女を想い続ける幼馴染の段宏とも再会する。しかし、宮中ではやりたい放題の皇后らによる、衛子夫を第2夫人にさせまいとする執拗な嫌がらせが始まる。衛子夫はそうした虐めにもひたすらに耐えていくが…。

2013年/中国/45分/日本語吹き替え版
演出:リウ・ジャハオ 脚本:メイ・シャオチン
キャスト:ワン・ルオダン、レイモンド・ラム、シュー・ジェンシー、ニキ・チョウ、シェン・タイ、サリー・チェン、ユー・シャオファン

» ご希望の作品が見つからない場合