今入会するのがお得!1ヶ月分の月会費が無料になるプレミアムキャンペーン実施中!
ShowTimeサイト内 作品 Google検索

白髪魔女伝 第24話

白髪魔女伝 第24話

あらすじ

岳鳴珂(がく・めいか)は錦衣衛(きんいえい)の攻撃に、明月峡(めいげつきょう)がもちこたえられないのではないかと懸念していた。鳴珂は明月峡が切り抜けられるように、竜(りゅう)組に対し正面突破を命じたうえ、明月峡の近くまで錦衣衛を率いてもすぐには突入せず一晩を明かし、時間を稼いでいた。白敏(はく・びん)は見張りから錦衣衛接近の報告を受け、警備を固めるように指示をする。そこに孟秋霞(もう・しゅうか)が現れ、寨主(さいしゅ)が殺されたことは江湖(こうこ)に知れ渡っており、錦衣衛もそれを知って攻撃を仕掛けてきたことを告げる。寨主の死を知った唐家璧(とう・かへき)は明月峡に残ることは無意味だと考え、賛同した者たちと去ってしまう。鉄飛虎(てつ・ひこ)は練霓裳(れん・げいしょう)に託された剣譜(けんぷ)を持ち出し、鉄珊瑚(てつ・さんご)と密かに明月峡から離れようとする。その頃、攻め込むのに躊躇している鳴珂のもとに慕容冲(ぼよう・ちゅう)が現れる。

ストーリー

『白髪魔女伝』は、『セブンソード』で知られる梁羽生が著した同名小説を原作とした最新TVシリーズ。ブリジット・リンとレスリー・チャンが主演、傑作との呼び声が高い『キラーウルフ 白髪魔女伝』を含め、過去6回も映像化された人気の物語である。舞台となるのは、明の中期。太子と瑞王が皇位を巡って対立、宦官を長とする特務機関・東廠(とうしょう)と錦衣衛が瑞王派として権勢を振るう一方、武林最大門派の武当派が太子を支持していた。折しも江湖では、当代随一の武芸の使い手・玉羅刹(ぎょく・らさつ)率いる邪派・明月峡が悪名を轟かせ、武林はまさに一触即発―こうしたなか、物語の幕が開く。

2012年/中国/45分/日本語字幕版
監督:リャン・グオグァン 脚本:リャン・ジーミン、ハン・ペイチェン、ラン・ヌオリン
キャスト:ニッキー・ウー、ルイス・ファン

» ご希望の作品が見つからない場合