今入会するのがお得!1ヶ月分の月会費が無料になるプレミアムキャンペーン実施中!
ShowTimeサイト内 作品 Google検索

白髪魔女伝 第41話

白髪魔女伝 第41話

ストーリー

鉄珊瑚(てつ・さんご)とともに耿紹南(こう・しょうなん)のもとを訪れた岳鳴珂(がく・めいか)は耿紹南に錦嚢(きんのう)を見せると、錦衣衛(きんいえい)にいる間は危険で渡せないが、耿紹南が錦嚢を手にして皇帝となったら忠義を尽くすので錦衣衛の指揮使になれるよう力添えをしてほしいと話す。また、慕容冲(ぼよう・ちゅう)が瑞(ずい)王殺害の黒幕が黄葉(こうよう)であることを知ったので十分注意するよう伝える。耿紹南は錦衣衛を去ることを決意し岳鳴珂と会って錦嚢を手に入れる。しかしそこへ慕容冲が現れ、何萼華(か・がくか)を人質に取る。その後、萼華を救いに来た耿紹南から錦嚢を奪った慕容冲はすぐに逃げるが、門弟たちを引き連れた卓一航(たく・いっこう)が現れ、慕容冲の筋脈を断つ。一方、何萼華は耿紹南が助けに来てくれたことに感動し、どこかで子供とひっそりと暮らそうと言うが、耿紹南は卓一航に会ってけじめをつけると話す。

解説

『白髪魔女伝』は、『セブンソード』で知られる梁羽生が著した同名小説を原作とした最新TVシリーズ。ブリジット・リンとレスリー・チャンが主演、傑作との呼び声が高い『キラーウルフ 白髪魔女伝』を含め、過去6回も映像化された人気の物語である。舞台となるのは、明の中期。太子と瑞王が皇位を巡って対立、宦官を長とする特務機関・東廠(とうしょう)と錦衣衛が瑞王派として権勢を振るう一方、武林最大門派の武当派が太子を支持していた。折しも江湖では、当代随一の武芸の使い手・玉羅刹(ぎょく・らさつ)率いる邪派・明月峡が悪名を轟かせ、武林はまさに一触即発―こうしたなか、物語の幕が開く。

2012年/中国/45分/日本語字幕版
監督:リャン・グオグァン 脚本:リャン・ジーミン、ハン・ペイチェン、ラン・ヌオリン
出演:ニッキー・ウー、ルイス・ファン

» ご希望の作品が見つからない場合