今入会するのがお得!1ヶ月分の月会費が無料になるプレミアムキャンペーン実施中!
ShowTimeサイト内 作品 Google検索

江湖の薔薇 第4話

江湖の薔薇 第4話

ストーリー

(※こちらのあらすじは3、4話分の内容となります。)
明家堡の白沙鎮分舵に集められた娘たちは、明帝の遺体と共に葬られようとしていた。その中には、君綺羅(くん・きら)の姿も。まんまと生き埋めにされてたまるかと、脱走計画を実行に移す綺羅たち。侍女に成りすまして出口を捜す彼女の前に、黒装束の男が立ちはだかる。それは沐晟(ぼく・せい)だった。ある密命を帯びて仲間と一緒に分舵へと忍び込んでいた彼は、失くしたと思っていた自身の玉佩を大事そうに胸元に下げて歩く君綺羅に目を止めたのだ。しかし、屋敷の中に漂う妙に騒々しい雰囲気に、沐晟は計画を断念して慌ただしく引き揚げてしまうのだった。なおも彼の姿を追い求める綺羅は、邸内で林初一(りん・しょいつ)という人物に出くわす。沐晟と林初一――2人の男との出会いは、君綺羅の、そして沈斯如(しん・しじょ)の運命を大きく変えてゆく…。

解説

清朝末期、明家堡を率いる“明帝”は江湖の統一を目論み、他の門派への襲撃を繰り返していた。抗争に巻き込まれ命を落とした者たちの屍が横たわる街路を、ひと組の親子が歩いていた。医師の君無忌(くん・むき)とその幼い娘・綺羅(きら)である。折り重なる死体の山の中から、まだ息のある女の子を見つけた君綺羅は、彼女を家に連れて行くと言い張った。君無忌は根負けし、父母と死に別れたらしい少女を済世山荘へと連れ帰るのだった。沈斯如(しん・しじょ)と名乗った娘は、やがて君家の養女に。十数年の時を経て、しとやかで美しく、しかし、どこか影のある女性へと成長した。一方、姉の君綺羅は大きくなっても幼い頃と同じ、負けん気の強いお転婆娘だ。そんなある日、夜な夜な出歩く父の行動を不審に思った君綺羅は、こっそりと後をつけることに…。

2008年/中国/45分/日本語字幕版
監督:ユエン・インミン、リン・ユーフェン
出演:ウォレス・チョン、スン・フェイフェイ、フォ・シーイェン、ミッキー・ホー、ウィリアム・フォン、サミュル・チャン、ダミアン・ラウ、シェレン・タン、ワン・シャオチェン、シャオ・ユーユー、ソン・ヤン

» ご希望の作品が見つからない場合