無料トライアル開催中!会員になってショウタイムを体験しよう!
あなた好みの作品を発見! 進化系 韓国&華流レコメンド
ShowTimeサイト内 作品 Google検索

ラブリー・アラン 第16話(最終話)

ラブリー・アラン 第16話(最終話)

あらすじ

ついにイギョン殺しの容疑者としてジョンウが起訴され、ホン会長やカン・スチャンも追い込み、彼らに判決が下された。しかしその3か月後、懲役2年で服役していたはずのホン会長が恩赦で出所。またしても、権力を利用したのだった。復しゅう心を抱くホン会長は手下に尾行させ、ガンジャを連れ去る。一方、ホン会長の出所を知ったドンチルは、護送中に脱走し…。

ストーリー

高校時代、女番長として名を馳せたガンジャ(キム・ヒソン)は、現在、豚焼肉店を営む34歳の主婦。ひとり娘のアラン(キム・ユジョン)を溺愛しているが、年頃のアランにとっては、お節介な母親が疎ましくて仕方がない。ある日、アランは、学校でいじめにあっている親友のイギョン(ユン・イェジュ)をかばったことから、不良学生のボクトン(ジス)に脅迫され、精神的に追い詰められてしまう。ガンジャは学校、教育庁、警察とあらゆる場に娘の被害を訴えかけるが、まともに取り合ってもらえず、怒り心頭!年齢と身分を偽り、“転校生”として学校に潜入。自ら解決に乗り出そうとする。ところが、イギョンが謎の死を遂げたことから、ガンジャはアランとともに教育現場のさらなる深い闇に引きずり込まれていく…。

2015年/韓国/MBC/全16話/日本語字幕版
監督:チェ・ビョンギル 脚本:キム・バンディ
キャスト:キム・ヒソン、チ・ヒョヌ、キム・ユジョン、キム・テフン、バロ(B1A4)、リジ(AFTERSCHOOL)

» ご希望の作品が見つからない場合