無料トライアル開催中!会員になってショウタイムを体験しよう!
ShowTimeサイト内 作品 Google検索

死の臓器 第5話

死の臓器  第5話

【#5】
日本へ強制送還され逮捕された船橋の取り調べを白井は始めていた。沼崎は船橋と樹海の遺体、そして救愛記念病院の関係を暴くため大田を追及するが確証を得られないでいた。日野病院では移植手術をめぐる混乱が続いていたが、そんな中、日野のもとに「レストア腎移植」に適合するドナーの手術の連絡が入る。証拠がそろわずにいた沼崎と白井だったが調査を進める中で、樹海の遺体と結び付くあるカルテにたどり着く。

テレビ番組の制作会社のディレクター・沼崎(小泉孝太郎)は、富士の樹海で女性の遺体を発見する。片方の腎臓が摘出されていた。刑事の白井(豊原功補)は心に何か引っ掛かるものを感じる。一方、療聖会日野病院では、患者の高倉治子が人工透析を受けていた。娘の裕美は主治医の日野(武田鉄矢)に自分の腎臓を母に移植するよう懇願。しかし日野は受け付けない。

キャスト:小泉孝太郎、豊原功補、小西真奈美、小木茂光、川野直輝、新妻聖子、柴俊夫、武田鉄矢
脚本:高山直也、鈴木智
監督:佐藤祐市、植田泰史

» ご希望の作品が見つからない場合