今入会するのがお得!1ヶ月分の月会費が無料になるプレミアムキャンペーン実施中!
ShowTimeサイト内 作品 Google検索

エリザベート−愛と死の輪舞−<ルドルフ役替わり:柚香光>(’14年花組・宝塚)

エリザベート−愛と死の輪舞−<ルドルフ役替わり:柚香光>(’14年花組・宝塚)

92年、ウィーンで上演されたミュージカル「エリザベート」を宝塚独自の装置や衣装、振付により、宝塚版として’96年に雪組で初演。その後、上演を重ねる宝塚歌劇を代表するミュージカル。当作品は、宝塚歌劇100周年を記念して8度目の上演となった。また、ルドルフ役を芹香斗亜、柚香光の役替わりで演じられたが、今回は柚香が演じたものをお届けします。物語はエリザベート暗殺犯のルキーニ(望海風斗)を狂言まわしに進行。意識不明となり冥界に迷い込んだエリザベート(蘭乃はな)に一目で惹きつけられたトート<死、黄泉の帝王>(明日海りお)は、彼女に命を返してやるが、その愛を獲るまでエリザベートを追い続けることを決意する。その後、エリザベートはハプスブルグ家の若き皇帝フランツ(北翔海莉)に見初められて結婚する。しかし、自由を愛する彼女は厳格な皇太后ゾフィー(桜一花)や、窮屈な宮廷生活に耐えられず、フランツに助けを求めるが彼もまた味方ではなかった。そんなエリザベートの許にトートは度々訪れ、死へと誘惑するのだった。

2014年/花組/宝塚大劇場/キャスト:明日海りお、蘭乃はな、北翔海莉 他

» ご希望の作品が見つからない場合