今入会するのがお得!1ヶ月分の月会費が無料になるプレミアムキャンペーン実施中!
ShowTimeサイト内 作品 Google検索

舞台版『心霊探偵八雲 裁きの塔』

舞台版『心霊探偵八雲 裁きの塔』

原作者の神永学自身がシナリオを手掛ける、重厚かつ濃密な心理描写を描くミステリー会話劇。
「ANOTHER FILES」舞台化最終章となる本作では、全作で八雲と共に事件解決に奔走した晴香が、まさかの殺人容疑で逮捕!!
過去2作品で八雲を演じてきた、久保田秀敏が演じるラスト八雲にも要注目!

【あらすじ】
裁かれるのは誰だ?
時計塔に隠された謎を解け―。
大学内にそびえ立つ時計塔には、かねてから妙な噂があった―。
塔の最上部には大きな姿見が置かれている。
その鏡は、黄泉の国と通じていて、十二時にその鏡の前に立つと、亡者と再会することができるのだという―。
ただ、その噂を確かめられた者はいない。
なぜなら、亡者との再会を果たした者は、黄泉の国に連れていかれるからだ―。
「時計塔の亡霊に、ぼくはあの作品を書かされたんです―。」
ある1冊の小説を巡り、運命の歯車が動き出す。
そんな中、大学内の時計塔で殺人事件が発生。
晴香が容疑者として捕らえられ、自供してしまう。
時計塔の亡霊とは……?小説に隠された秘密とは―?
そして、裁きを受けるのは誰なのか。八雲は真実を導きだせるのか―。

【キャスト】
久保田秀敏 美山加恋/水石亜飛夢 北園 涼 田中涼星/樋口智恵子 今村美歩
石坂 勇 佐野大樹 OH-SE(電撃チョモランマ隊)/東地宏樹

【スタッフ】
原作:神永 学「心霊探偵八雲」シリーズ(KADOKAWA刊)
脚本:神永 学 丸茂 周
演出:伊藤マサミ

» ご希望の作品が見つからない場合