無料トライアル開催中!会員になってショウタイムを体験しよう!
ShowTimeサイト内 作品 Google検索

《 メンテナンス作業のお知らせ 》

6/24(月) 10:00〜15:00(24時間表記)までの間、メンテナンス時はすべてのサービスがご利用いただけません。
お客様にはご迷惑をおかけしますが、何卒ご了承の程お願い申し上げます。

教誨師

教誨師

ストーリー/あらすじ

プロテスタントの牧師、佐伯保。彼は教誨師として月に2 回拘置所を訪れ、一癖も二癖もある死刑囚と面会する。無言を貫き、 佐伯の問いにも一切応えようとしない鈴木。気のよいヤクザの組長、吉田。年老いたホームレス、進藤。よくしゃベる関西出身の中年女性、野口。面会にも来ない我が子を思い続ける気弱な小川。そして自己中心的な若者、高宮。佐伯は、彼らが自らの罪をしっかりと見つめ、悔い改めることで残り少ない “生” を充実したものにできるよう、そして心安らかに “死” を迎えられるよう、親身になって彼らの話を聞き、聖書の言葉を伝える。しかし、意図せずして相手を怒らせてしまったり、いつまで経っても心を開いてもらえなかったり、苦難の日々が繰り返される。それでも少しずつ死刑囚の心にも変化が見られるものの、高宮だけは常に社会に対する不満をぶちまけ、佐伯に対しても一貫して攻撃的な態度をとり続ける。死刑囚たちと真剣に向き合うことで、長い間封印してきた過去に思いを馳せ、自分の人生とも向き合うようになる佐伯。そんな中、ついにある受刑者に死刑執行の命が下される……。 2018年に惜しくも急逝した大杉漣、最初のプロデュース作にして最後の主演作。本人曰く、その膨大なセリフ量とユニークな内容ゆえ、「役者にケンカを売ってるのかと思った」と評したオリジナル脚本を見事に体現し、複雑な人物像を圧倒的な存在感で演じきった。

2018年/日本/115分
監督:佐向大
脚本:佐向大
キャスト:大杉漣、玉置玲央、烏丸せつこ、五頭岳夫、小川登

» ご希望の作品が見つからない場合