無料トライアル開催中!会員になってショウタイムを体験しよう!
ShowTimeサイト内 作品 Google検索

海上牧雲記〜3つの予言と王朝の謎 第22話 守るべきもの

海上牧雲記〜3つの予言と王朝の謎 第22話 守るべきもの

あらすじ

伝国御璽の所在を聞き出すため、き・いんそうは牧雲陸を拷問にかけようとしていた。蘇語凝は、牧雲陸とは相思相愛だと偽り、自分が頼めば玉璽の在りかを話すはずだと言って牧雲陸を守ろうとする。だが牧雲陸はそれを否定し、玉璽の在りかを明かそうとはしない。そこへ穆如寒江が現れ、惚れた娘の命と玉璽とどちらが大切なのかと牧雲陸に問うた。その頃、帝都では牧雲陸の愛馬が空身で戻ってきたことで、牧雲陸の行方不明が発覚する。

ストーリー

天下の九つの州を統べる牧雲氏の端王朝。巨大な軍力を擁する穆如家は、牧雲一族に絶対的な忠誠を誓い、彼らを守護してきた。明帝・牧雲勤の時代になり、星読み(占星術師)によって三つの予言が示された。一つ、第六皇子の牧雲笙は帝王の剣を握った時、天下に乱を起こして民を苦しめる。一つ、穆如家の三男である穆如寒江は、いずれ牧雲氏から帝位を奪う。一つ、瀚州に生まれた碩風和葉は鉄王剣を抜き、やがて九州を統一する。牧雲笙は父によって宮中に軟禁され、穆如寒江も父によって街角に捨てられ、碩風和葉は穆如軍によって一族を滅ぼされた。精霊を母に持つ牧雲笙には、特殊な能力があった。ある時、父を助けるために力を使ったが、逆に父に深手を負わせてしまう。以来、牧雲勤は病床に伏せ、朝廷の実権を皇后の南枯一族が握るようになる。皇后の子である牧雲合戈を帝位に就かせるため、伝国玉璽を偽造し、牧雲勤の暗殺を企てていた。一方、牧雲勤の長兄・牧雲欒とその子息である牧雲徳は、九州各勢力と密謀して勢力を強め、朝廷転覆と皇位簒奪を狙っていた…。

2017年/中国/全75話/日本語字幕版
監督:ツァオ・ドゥン 脚本:チン・ホーツァイ
キャスト:ホアン・シュエン、ショーン・ドウ、ジョウ・イーウェイ、ワン・チエンユエン

» ご希望の作品が見つからない場合