無料トライアル開催中!会員になってショウタイムを体験しよう!
ShowTimeサイト内 作品 Google検索

花より男子(’19年花組・TBS赤坂ACTシアター)

花より男子(’19年花組・TBS赤坂ACTシアター)

1992年から集英社「マーガレット」にて連載が開始された大ヒット少女マンガ、神尾葉子原作「花より男子」が満を持して宝塚歌劇に登場。「胸キュンストーリー」と魅力的なミュージカルナンバーが織り成す、宝塚歌劇版『花より男子』。超絶金持ち名門校「英徳学園」。この学園は、道明寺司(柚香光)をリーダーとした「F4」と呼ばれる眉目秀麗な4人組のお坊ちゃま集団により支配されていた。「F4」とはすなわち「Flower four(花の四人組)」。彼らは気に入らない生徒がいればロッカーに「赤札」と呼ばれる指令カードを貼り、学園中の攻撃の的としていた。一般庶民でありながら、両親の願いにより英徳学園に通っている牧野つくし(城妃美伶)は、卒業まで目立たずにいようと努めていたが、友人をかばったが為に「F4」に目をつけられ、赤札の対象となる。しかし、つくしは正義感と持ち前の“雑草魂”で果敢に「F4」に立ち向かい続ける。そんなつくしに次第に心惹かれる道明寺はつくしの気を引こうと、様々な行動に出る…。※著作権上の都合により、フィナーレ(第11場A〜D)を割愛致しております。

2019/花組/柚香光、城妃美伶

» ご希望の作品が見つからない場合