無料トライアル開催中!会員になってショウタイムを体験しよう!
ShowTimeサイト内 作品 Google検索

瓔珞<エイラク>〜紫禁城に燃ゆる逆襲の王妃〜 第18話 涙の舞

瓔珞<エイラク>〜紫禁城に燃ゆる逆襲の王妃〜 第18話 涙の舞

あらすじ

乾隆帝は名医と称される葉天士(ようてんし)を召して、第五皇子を診察させる。その結果、第五皇子は金瞳(きんどう)ではないことが判明。この機会を利用し、純妃は高貴妃に皇子殺しを画策した罪を着せる。激怒した乾隆帝は、高貴妃に禁足処分を科した。高貴妃の父である高斌(こうひん)は、乾隆帝から大規模な治水工事を任される。だが高貴妃にとって高斌は、母を死に至らしめた憎むべき相手だった。高貴妃は後宮で返り咲くため、身の上話により乾隆帝の同情を引こうとして…。

ストーリー

清の乾隆帝の時代、繍坊の女官として後宮に入った魏瓔珞(ぎえいらく)は、宮中で殺された姉の死の真相を突き止めるため、密かに犯人を捜し始める。そして姉の遺品に皇后の弟・富察傅恒(フチャふこう)の持ち物を見つけると、彼への疑いと復讐の炎を燃やす。そんな中、妃嬪たちの権力争いに首を突っ込んでしまった瓔珞は、類まれな聡明さを認められて皇后・富察(フチャ)氏の侍女として仕えることに。これを機に傅恒に接近する瓔珞だが、彼の清廉さに触れるにつれ、次第に2人は惹かれ合っていく。しかし、予期せず乾隆帝からも寵愛を受け…。愛憎渦巻く宮廷で女官から皇后にまで上り詰めた“女傑”の物語が今、幕を開ける―!

2018年/中国/全70話/日本語字幕版
監督:フイ・カイドン、ウン・ダーグァン 脚本:ジョウ・モー
キャスト:ウー・ジンイェン、チン・ラン、ニエ・ユエン、カーメイン・シェー、シュー・カイ、タン・ジュオ

» ご希望の作品が見つからない場合